KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOPKSFとは何か?

KSF(Key Success Factor)かKFS(Key Factor of Success)か

KSFとは儲かる仕組み

KSFは、Key Success Factor の頭文字をとった略称で、日本語では事業成功要因を訳されます。

KSFは一般的にMBAコースで有名な経営大学院で学ぶものですので、あまり馴染みがありませんが、簡単に言えば「儲かる仕組み」のことです。

こう簡単に書くと「なんだ儲かる仕組みなんて当たり前じゃないか」と思われるでしょう。

しかし、簡単に書くから儲かる仕組みといってるのであって、実際には「事業で勝つ仕組み」と「利益を上げる仕組み」の2つの要素の組み合わせです。

多くの方がおっしゃる「儲かる仕組み」というのは、売上が上がる仕組みという意味での「営業の仕組み」であることが多いのですが、経営大学院で学ぶ事業成功要因とは単純に営業の仕組みではなくて、会社が自動的に成長するような「競争に勝つ仕組み」「営業の仕組み」「価値創出の仕組み」といったものを構造的に組み合わせたもののことをいいます。

このKSFを持って起業するのとKSFを持たないで起業するのとでは、3ヵ月後、半年後、1年後、3年後の結果が違うことは、独立して会社設立する前から明らかなのはお分かりになるでしょう。

ですから、会社設立に際して、単に費用が高いか安いかだけで選ぶのは論外。補助金や助成金がたっぷりついたからといって会社が儲からなければ元も子もありません。強いビジネスモデルをつくることこそが独立起業を成功させるポイントなのです。

昨今は会社設立に関する情報が非常に多くなり、インターネットや書店で販売される書籍の情報などを利用すれば、会社法その他の知識がなくとも簡単に株式会社設立の手続ができる時代になっています。

むしろ、起業独立といった新ビジネス立ち上げ時に重要なことは事業の成功要因(Key Success Factor:KSF)をしっかりと把握したうえでビジネスをスタートすることです。

これが明確にできていないと事業計画書が作れず、創業時に金融機関からの十分な支援が受けられず、仮に営業が上手くいって契約が取れてもその後の付加価値創造のフェーズで生産性が低くなってしまうため、最終的な収益性が悪化します。すなわち、独立して会社設立をする際にKSFをもって起業するのか、KSFをもたないで起業するのかによって、独立が成功するかどうかが決まるくらい重要なビジネスモデル上のファクターです。

このサイトでは、起業家の方がビジネス立ち上げを考えるにあたって必要となるマーケティングのフレームワークの使い方や、事業計画書の作り方、事業開始時から2倍のスケールでビジネスをスタートすることができる資金調達法のご紹介、もちろん株式会社と合同会社(LLC)の設立手続の解説など、徹底的に独立起業を支援するコンテンツを揃えています。

ぜひ、弊事務所のKSFコンサルティングを受けて、儲かる会社を作ってください。
会社設立手続無料面談を申込む

KSFの作り方

KSFは、「事業で勝つ仕組み」と「利益を上げる仕組み」の2つですから、あなたが市場に出て行ったときに競争に負けずに勝てるのかどうかと、競争に負けずに利益を上げられるのか、の2つが大きなポイントになります。つまり、どのように事業を行って最終的に利益を上げるのかという仕組みを戦略的に考えることです。人間は弱いもので、他者のことは手に取るように分かるのに、自分のことになると突然客観的にみることができなくなります。その環境の中で自社の強みを作り出さなくてはならないのが起業家の最初の仕事です。KSFをもって起業することがいかに大切かお分かりいただけると思います。

KSFの全体像

KSFは営業の仕組みだけではなく、価値創出の仕組みだけでもありません。経営すべてです。ですから、全体を網羅してビジネスを理解する作業を行っていきます。
KSF(Key Success Factor)
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法